★shaberibaへ★

 ■ 1 巻             @ポーの一族   1880年ごろ   


・1枚の絵のように美しいポーツネル男爵一家はポーの一族。「パンパネラ(吸血鬼)」だったのだ。
彼らは新しい血を求めてこの町にあらわれたのだ。
エドガーは寂しげな少年アラントワイライトと出会い、生贄にと考えるのですが、ためらいがよぎる。その姿を悲しそうに見つめる妹メーリーベル。
人間達の中で息や脈のあるふり、鏡に写るふり、聖書・十字架に も怯えないふりをしていた彼らですが、
ある日 この町の医師クリフォードに正体がばれてしまうことに。
彼によってメリーベルは撃たれ、ポーツネル夫妻も傷をおい馬車の下敷きになってしまい・・彼らはまるで塵のようにきえてしまったのです・・

1人取り残されたエドガーは寂しさから・アランを一族に加えてしまう。 ソレは愛するものを又手にかけてしまった彼の・・新たな苦しみの始まりでもあったのでした・・。
 
 〜 エドガーが一族になってから100年後のお話です〜 
 A ポーの村  1865年ごろ                     
                                   霧に迷ったグレンスミスは
 鹿と誤ってメリーベルを撃ってしまう。
 彼はバラだらけのポーの村へ導かれることに。
 そこはふしぎな村だった。
 メリーベルの回復力を不思議に思いながらも安心する彼。しかし その夜エドガーに血をすわれてしまう。

 彼らは永遠を生きる一族。パンパネラだったのだ。
 彼は2夜を過ごすも無事に帰される。
 彼は2度と再びポーの村を見つけることは出来なかったのでした   
 グレンスミスはこのことを日記に書き残す
     1865年7月13日グレンスミスの日記
Bグレンスミスの日記 18991959   Cすきとおった銀の髪
グレンスミスの子孫のお話。
・彼の末娘エリザベスは、「グレンスミスの日記」をみつける。
 その後60年。様々な歴史の中、不死の村は語り継がれていく。 
■14歳のチャールズ・メリーベルとであう。
■30年後、かわらぬ姿のメリーベルと再会する・・・。
後の1960年 孫娘マルグッリット 「グレンスミスの日記」を発表する
* 実は1959年3月・彼女の息子は学校でエドガーにあっている
1巻 ポーの一族  1880年ごろのお話     出 生 の 秘 密〜
  


(お話)不思議な国の人形たち
 
 番 外 10月の少女たち
  
 
 ・エドガーとメリーベルは森に捨てられ、老ハンナ・ポーに拾われる。
 ・ポーツネル男爵・シーラをポーの一族に迎える儀式をおこなう。
  それをみてしまうエドガー。 ポーの一族がパンパネラ(吸血鬼)だとしる
 ・エドガーは黙っている事を条件にメリーベルを逃がす事をお願いする。
 ・その後人間にばれ老ハンナ消える。スコティの村をでる。
 ・エドガー・大老ポーにより少年のままポーの一族となる。

 メリーベル・アート男爵家の養女となり
 エヴァンス家のユーシスと恋に落ちる..しかし猛反対される
 実はリーベルとエドガーはエヴァンス家の愛人メリーウェザーの子だったのだ
 2人を森に捨てさせたのは嫉妬に苦しむ妻ユーシスの母だったのだ
 どちらも裏切る事はできない.
 母の哀しみを背負いユーシスは自殺する。
 メリーベルの幸せを祈っていたエドガーだったがこの様子に心乱れ・・ ついに彼女の前に姿をあらわす。
 成長の止まった兄の姿からすべてを悟った
 メリーベルはエドガーとともに生きることを決意する。
彼らの永遠の旅はこうしてはじまったのです。

 ユーシスの兄。
オズワルド・オー・エヴァンス 子孫へ遺書をのこす。「エヴァンスの遺言」 
 3 巻             @ 小鳥の巣      1959年
*西ドイツガブリエルギムナジウム(学校)に転入した 
  エドガーとーアランのお話。

 魔の5月張り出し窓から身を投げた少年。その哀しすぎる死はキリアンの心に 暗い影を残していた。
 その少年の名はロビン
 実はエドガー達は彼を探しにここに来たのだった。
   
 誰が殺したクックロビン それは わたし・・わたし・・
 ずっとエドガーをまっていたロビン・・
 彼の死の隠された謎をおって・・ 
 2人の学園生活が時に妖しく時にせつなく綴られていく。

 *ある事件から2人はマチアスを仲間にするが
 キリアン・テオによって彼は塵ときえてしまう。
  少年達の心に衝撃と波紋をなげかけて
  彼らは去っていったのでした。
 
 
AA 6 月 の 声  番外作品 〜 BB妖精の森 〜番外作品〜
★next★

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット